フルハーネス安全帯着用者のための空調服

背中部分から空気を逃さずランヤードを取り出すことが出来ます。
胸部分にはハーネスに取り付けた休止フックホルダーを表に出すことができる機能付き。

18ss_kuchohuku_p26_27_180223_21J

 

シルバー

18ss_kuchohuku_p26_27_180223_21J
18ss_kuchohuku_p26_27_180223_21J

 

ダークブルー

18ss_kuchohuku_p26_27_180223_21J

 

18ss_kuchohuku_p26_27_180223_21J

 

厚生労働省は建設業の労働災害の中でももっとも多い墜落・転落の防止対策としてフルハーネス方安全帯の着用を義務化するとしました。
また、「安全帯」の名称を「墜落制止用器具」に変更し、安全衛生特別教育を受けなくてはならなくなりました。
今後は作業服もそれに準じて形状や素材が変わっていくと思われます。
現行構造規格の安全帯は段階的に着用・販売が禁止され、フルハーネス方安全帯に完全移行する予定だそうです。

フルハーネス型の墜落抑止用器具のイメージ

フルハーネス型の墜落抑止用器具のイメージ(出典:厚生労働省)