ホテルやレストランのユニフォームは、スタッフの一体感を高めると同時に、お店の姿勢やコンセプトを示すものとして、お客様の目に留まる「動くインテリア」でもあります。高級コックコートから定番アイテムまで幅広いラインナップのほか、お客様とご相談しながら作り上げていくオリジナルのユニフォームもご提案しています。

企業ユニフォーム (6)

Italian Line   H.Nozaki x KAZEN
イタリアンライン   野崎晴弘 x KAZEN

企業ユニフォーム (5)
日本を代表するバリスタである野崎晴弘氏とKAZENのコラボレーションにより誕生したユニフォーム。「高度にバランスの取れた、その奇跡の一点をめざしました」という氏のこだわりに応えて、求められるストレッチ性を叶える新素材を開発するだけでなく、ウエストのシェイプ、衿や袖の美しさ、ボタンの位置、さらにエプロンのヒモの隠し方などの細部や透け感にまで徹底的にこだわったシリーズです。

企業ユニフォーム (1)
シンプルでスレンダーなボディのコックコート。背中には、動きやすさを追求したボックスプリーツを採用。最適なストレッチ性を追求し、新たに開発した素材を使用しています。Vネックの衿は、立てても折り返してもスタイリッシュに着こなせます。(409-60 ストレッチコックコート)

企業ユニフォーム (2)
低めのスタンドカラーと、バックに入れたイタリア国旗のトリコローレのラインがポイントのコックコート。上質でありながら明るく親しみやすいデザインには、本番イタリアのテイストが漂います。(407-60 ストレッチコックコート)

企業ユニフォーム (3)
こだわり抜いたのは、衿の立ちとボタンの位置、袖の長さ、そして薄くても透けにくい素材感。シンプルな美しさを追求しつつ、動きやすさも抜群です。(609-05 ストレッチシャツ)

企業ユニフォーム (4)
ブラックとホワイトのシャツと腰下エプロンを組み合わせて、シンプルながらも洗練されたスタイリッシュなコーディネートを。イタリアンラインのために新たに開発された高機能素材は、風合いや着心地だけでなく、耐久性や防シワ性、速乾性にも優れます。(609-05, 609-10 ストレッチシャツ、509-90, 509-95 ビニル腰下エプロン)

Tops トップス(シャツスタイル)

tops-top-p

お店のイメージを形づくるトップスをカテゴリーに分け、それぞれのシャツスタイルの特長をご紹介します。

Cook Shirts Style コックシャツスタイル

tops-11
コックコートの雰囲気はそのままに、動きやすさと着心地にもこだわったコックシャツの定番アイテム。7色のカラーバリエーションの中からお選び頂けます。(421-73 コックシャツ)

tops-12
セミダブルのプリーツ風に仕立てたコックコート。衿と袖口にグレーを配色した清涼感のあるスタイルです。カフェ・レストランなどトレンドを意識した食のシーンに最適なオリジナリティあふれるデザインです。(615-86 コックシャツ)

tops-13
黒 x 白のギンガムチェックが若々しい印象のコックシャツ。衿のリボンはループに通すだけで簡単に着装出来ます。吸汗速乾性と通気性に優れた高機能素材を使用し、着心地も快適です。(630-25 レディスコックシャツ)

tops-14
白をベースに、衿のトリミングとボタンに配色した溌剌とした印象のコックシャツ。通気性や伸縮性に優れ、肌触りも爽やかな綿混トリコット素材を使用しており、ポロシャツのような快適な着心地です。(左:632-17 トリコットシャツ、右:632-15 トリコットシャツ)

Shirts & Vest Style シャツ&ベストスタイル

レストランでもっとも使用頻度が高いベーシックなシャツスタイル。シックなモノトーンのラインナップに、正統派のベストスタイルをご用意。

tops-21
優しい印象のイタリアンカラーシャツは、レストランやお洒落なショップに最適。後ろ衿を立てれば、スタイリッシュな着こなしに。カラーはホワイト、グレー、ブラックに新色のベージュ、ワインを加えた5色をご用意しています。(627-10 レディスシャツ七分袖)

tops-22
V開きとスタンドカラーを融合させた、端正なシャツスタイル。首回りを圧迫せず、快適な着心地です。カラーはホワイト、グレー、ブラックに新色のベージュ、ワインを加えた5色をご用意しています。(626-11 シャツ七分袖(男女兼用))

tops-23
3つボタンと広めのVゾーンが若々しい印象の、正統派のベストスタイル。表面に畝のある綾組織が特長の素材は、シワになりにくく光沢もあり、着心地も柔らかです。(APK4154 レディスベスト)

Polo & T-shirts Style ポロ&Tシャツスタイル

アクティブに動けるポロシャツやTシャツは、いまやフードシーンに欠かせないスポーティーなスタイル。

tops-41
通気性と吸汗速乾性に優れた高機能素材を用いたポロシャツを、ルーズフィットタイプとボタンダウンタイプの2つのスタイルで。カラーはホワイト、グレー、ブルーグリーン、レッド、ブラックの5色をご用意しています。(左:APK232-C/25 ボタンダウンニットシャツ、右:APK237-C/27 ルーズフィットニットシャツ)

tops-42
抜群の吸汗速乾性と放熱性、軽くてソフトな肌触りを実現した、ベーシックなポロシャツ。特別な加工技術により、形状安定性にも優れ、さらに制菌効果も発揮。長袖と半袖、豊富なカラーバリエーションの中からお選び頂けます。(232-20 ポロシャツ)

tops-43
コストパフォーマンスの高い定番ポロシャツは、洗濯にも強く、通気性にも優れます。スポーティーな着こなしはもちろん、シックな衿は和風にもアレンジできます。(237-29 ポロシャツ)

tops-44
左写真のポロシャツ(品番237)のカラーバリエーション全10色(237-20〜29)

Cook Coat コックコート

cook-coat-top-l

伝統を重んじる厨房で長年のわたって支持されてきたKAZENのコックコート。キッチンスタイルの変化など、時代のニーズにもお応えする多彩なラインナップの中から、こだわりの一着をお届けします。

Premium プレミアム

一切の妥協を許さないグランシェフやオーナーシェフの感性を充たす高級コックコート。ボタン一つにもこだわった、シェフの正装にふさわしい端正でスタイリッシュなコックコートシリーズです。

コックコート (1)
しっかりと立つ二重のスタンドカラーと胸元のフラップが特徴のコックコート。グランシェフに相応しい、気品あふれる正統派スタイルです。(HM200-C/10 コックコート八分袖)

コックコート (2)
低めの立ち衿と、作業に配慮した短めの袖が特徴のコックコート。上質ながら軽やかなデザインは、クリエイティブなパティシエの正装に最適。(HM202-C/10 メンズコックコート八分袖、HM205-C/10 レディスコックコート七分袖)

コックコート (3)
第19回世界料理オリンピック大会(ドイツ・ベルリン)で、日本代表チームのユニフォームとして採用されたコックコート。プレスに強い円錐型のポリボタンを使用し、折り返しのカフスはミトン代わりにも使用できます。(APK2055 シェフコート)

コックコート (4)
第一ボタンをアクセントにした、アシンメトリーなデザインが特徴のコックコート。第二ボタン以降は比翼ボタン仕様で、胸ポケットは高級感のある片玉縁ポケットを採用。モダンでシャープな印象の、人気のコックコートです。(607-70 コックコート)

コックコート (5)
欧米で正統派として着用されるダブルのコックコート。打ち合わせはボタンをはずしてラペルとしても着こなしていただけます。胸には箱ポケットを採用し、高級感を演出。ボタンには足のない円錐形のポリボタンを使用することで、アイロンなどの耐久性にも考慮しています。(606-70 コックコート)

コックコート (6)
シンプルな形のコックコートを、衿回りとボタンに配色を効かせてポップに仕上げました。エプロンとのカラーコーディネートも可能で、オープンキッチンから調理学校まで幅広くご利用いただけます。(左:602-75 コックコート、右:602-74 コックコート)

コックコート (7)
衿元と胸ポケットにカラーのパイピングテープを施した、アシンメトリーな打ち合せのコックコート。シャープでモダンなデザインは、パティシエにもお勧めです。(604-74 コックコート)

コックコート (8)
打ち合わせを深めにデザインしたコックコート。身頃と上腕位置のパイピングがモダンな印象を与えます。コックコートでは定番の組み紐ボタンは、デザインもさることながら、洗濯性にも優れています。(603-75 コックコート)

Standard スタンダード

コックコートの定番として長年にわたって支持されてきたスタンダードライン。動きやすく機能性にも優れます。高機能コックコートからベストプライスまで幅広い品揃えです。

コックコート (9)
(410-70 コックコート長袖)

White Robe 調理白衣(和食コート・和食衣)

厨房はもちろん、カウンター割烹やシースルーキッチンにもふさわしい格調あるデザインを取り揃えた、KAZENの和食コートと和食衣のシリーズ。着る人の心意気に応え、プロの意識を高めるユニフォームです。

調理 白衣 (7)

和食コート

端正で高級感あふれるホワイトローブから、和ダイニングや居酒屋などで活躍するアクティブな調理シャツまで、幅広い品揃えの和食コートのシリーズです。

調理 白衣 (1)
作務衣にテーラードカラーを取り入れた、粋な和食コート。腰を前掛けで締めて、格調あるスタイルに。カラーは白と黒、紺の3色をご用意しています。(HM301-C/10 和食コート)

調理 白衣 (2)
凛々しい印象の立ち衿とシャープなラペルを組み合わせた、ダブルの打ち合せの和食コート。胸ポケットは高級感のある片玉縁ポケットを採用。(608-70 ダブルコート)

調理 白衣 (3)
シンプルで粋な調理シャツ。威勢のいい掛け声が飛び交う、アクティブな板場にふさわしい一着です。(HM305-C/10 調理シャツ)

調理 白衣 (4)
V衿のシンプルなデザインながら、同色のサテンのパイピングが上質な印象の、七部袖の和食コート。カラーは白と黒、紺の3色からお選び頂けます。(HM161-C/10 和食コート)

和食衣

厨房に清潔な白が映えるKAZENの調理衣は、制菌加工を施した素材を用いるなど、機能性にも優れたラインナップをご用意。

調理 白衣 (5)
清潔感のある凛々しい半被スタイルは、和食衣の定番。カラーは清潔感あふれる白のほか、きりっと引き締まった印象の紺をご用意しています。(APK3025 ハッピコート)

調理 白衣 (6)
厨房に爽やかな白が映える調理衣は、半袖や七部袖、長袖、衿なしスタイルなど多彩なラインナップ。制菌加工を施した素材やエコ素材など、生地もお選び頂けます。(左:310-30 衿付調理衣長袖、右:312-30 衿付調理衣半袖)

CONTRACT FOOD SERVICE WEAR コントラクトフードサービスウェア

委託契約により食のサービスを提供する「コントラクトフードサービス」。その対象は、社員食堂や学生食堂、病院、介護施設、結婚式場、保養施設、高速道路施設など、業種を越えて広がりをみせています。「食の安全」が問われるなか、給食事業においても安心・安全なサービスは重要な課題です。食を扱うさまざまな現場で求められる安全性と快適さ、機動性を併せ持つコントラクトフードサービスウェアをご提案します。

給食 食堂 フードサービスウエア (5)

給食 食堂 フードサービスウエア (1)
異物混入防止を追求したシャツコート。袖は作業性の高い七部袖を採用し、二重構造で体毛などの異物混入を防止。比翼ファスナーにはミントグリーンとサックスのやさしい挿し色で、病院や施設給食の現場を明るく演出します。(APK215-C/12 コックシャツ七分袖)

給食 食堂 フードサービスウエア (2)
作業性をアップする工夫を随所に凝らしたコックシャツ。水作業時などにはロールアップも可能な七部袖を採用。主素材とメッシュ素材の二重構造で体毛などの異物混入を防ぎます。裾はスリットを入れて動きやすく。綿の良さを残しながら、洗濯後もシワになりにくいイージーケアな素材を使用しています。(APK210-C/10 コックシャツ七部袖)

給食 食堂 フードサービスウエア (3)
フロントファスナーで楽に着脱できます。左胸には内ポケットを採用。袖の二重構造により異物混入防止にも配慮したウェアは、給食事業のバックヤードに最適な一着です。(APK205-C/24 シャツコート七部袖)

給食 食堂 フードサービスウエア (4)
ポロシャツにも用いられる素材の綿混トリコットで通気性と着心地に優れたシャツ。フロントはテーピースナッパーで楽に着脱が可能です。上腕部分に体毛防止加工袖を付けた実績のあるスタイルです。(左:648-11 トリコットシャツ、右:648-13トリコットシャツ)

COORDINATE ITEMS コーディネートアイテム

エプロンや帽子、スカーフなどは、お店のコンセプト伝え、独自の雰囲気を演出するための重要なアイテム。豊富なカラーバリエーションと用途に合わせたさまざまなスタイルの中から、最適なアイテムをお選びください。

コーディネートアイテム (13)

Apron エプロン

サロン、ソムリエ、胸当てエプロンなど、さまざまなシーンに合わせたエプロンを14色のカラーバリエーションで展開。ほかにも、機能性とデザインにこだわった、多彩なスタイルを取り揃えています。

コーディネートアイテム (1)コーディネートアイテム (2)

コーディネートアイテム (3)コーディネートアイテム (4)

Hat 帽子

キャップ、ハンチング、ワークキャップなど、14色のカラーバリエーションで展開。ほかにも、コック帽や和帽子、バンダナなど、多様なシーンに対応する充実のラインナップです。

コーディネートアイテム (5)
(APK475-C/30 キャップ)

コーディネートアイテム (6)
(左:APK486-C/81 ワークキャップ、右:APK486-C/33 ワークキャップ)

コーディネートアイテム (7)
(APK474-C/21 バンダナキャップ)

コーディネートアイテム (8)
(APK483-C/7 ベレー帽)

Scarf スカーフ

胸元のポイントとなるスカーフも14色で展開。結び方のアレンジ一つで、さまざまな雰囲気に合わせてコーディネートできます。

コーディネートアイテム (9)
(APK498-C/12 スカーフ)

コーディネートアイテム (10)
(左:499-30 スカーフ、右:499-31 スカーフ)

コーディネートアイテム (11)
(APK498-C/5 スカーフ)

コーディネートアイテム (12)
(APK498-C/7 スカーフ)