新着情報

製作実績

2

自社ユニフォーム

弊社ではお客さまのユニフォームを提供していますが、恥ずかしながら自社のスタッフユニフォームは昔展示会に出展した際に製作したきり。しかも展示会以降は誰も着ていないという状況でした。 一念発起し昨年から若手スタッフでプロジェクトチームを立ち上げ自社ユニフォームを作りました。 毎週プロジェクトチームのミーティングを行い進めていたのですが、通常業務をこなしながらのプロジェクト進行はなかなか思うように進まない時もありました。しかしなんとしても新事業年度までに完成させたいという想いとプロジェクトチームメンバー以外のスタッフの協力もあり無事完成にこぎつける事が出来ました。 今後、みなさまがオーダー(カスタム)メイドのユニフォームを検討の際に、この記事が参考になれば幸いです。   1回目ミーティング キックオフミーティングという事で、目的意識の共有や改めて「ユニフォームとは?」という事やユニフォームの歴史や変遷を学習しオーダーメイドやカスタムメイドの流れを確認しました。 ちなみに普段使っている「ユニフォーム」の語源はラテン語のユニ(一つ)とフォルム(形)がつながったもので、「一つの揃えられた服」という意味です。   2回目ミーティング 各業務ごとのシチュエーションを思い浮かべながらアイテムの選定方法やユニフォームに対するリクエスト等の意見交換を行いました。 また、色々なメーカーのカタログを参考にアイデアを出し合いました。   3回目ミーティング 全スタッフにヒアリングした結果を元にアイテムを選定。縫製スタッフはエプロン、裁断とデザインスタッフはポロシャツとカーゴパンツいう事となりイメージに近い既製品のカタログを見ながら細かい仕様のアイデアを練りました。   4回目ミーティング スタッフが着るアイテムが異なっていては統一感がないという事で改めて全スタッフ共通のアイテムを考える事になり、ユニフォームの定義である「多人数が一つの形を着る」という事を確認し、「統一感」「動きやすさ」「外出時の着用にも適している事」を意識してアイテムを再検討しました。   5回目ミーティング 再度行った全スタッフへのヒアリングをもとにアイテムはオープンカラーシャツを選定。どのスタッフの作業においても使い回しがよく、男女においてもシルエットの差が少ない事が選定理由でした。   6回目ミーティング 既製品のオープンカラーシャツのカタログを見ながら仕様を検討。 刺繍やプリントのロゴと位置も決めました。   7回目ミーティング 選定したアイテムや仕様の合意を社内で得て、ようやく製作に向けての段取りが開始しました。 時間短縮のため以前作成したパターンをアレンジする事になりました。   8回目ミーティング 生地を選定し、確認用試作品の製作工程を決定しました。 工程の確認はWEBのガントチャートで情報を共有する事になりました。   9回目ミーティング アトリエスタッフにヒアリングした1st試作品の感想をもとに仕様を微調整しました。2nd試作品の期日を決め、3rd試作品製作後のグレーディング(各サイズ展開)の予定を立てました。   10回目ミーティング 2nd試作品でシルエットやポケット位置決めを行いました。 また、通常業務が混み合って来たためスケジュールを組み直しました。   11回目ミーティング 刺繍糸の密度や運針を確認し微調整を加えました。 糸が変わると見え方も変わるので苦労した箇所です。 プリントと刺繍の位置と大きさの最終決定を行いました。   12回目ミーティング 最終決定した生地で製作した3rd試作品の出来を確認し、刺繍の仕様に微調整を加えました。   13回目ミーティング 附属品(ボタン)とボタン糸を決め量産の段取りを検討しました。   量産開始 新人スタッフを中心に各担当を決め、量産工程が始まりました。   …

IMG_2905

規格外のサイズアップ

弊社ではサイズダウンはもちろん、サイズアップのご相談にも対応しております。 今回はサイズが4XLまでの商品を1サイズ大きくしたいとのご相談をいただきました。 着丈はそのままで胸囲と胴囲を大きくとのご要望でしたので4XLを2枚使い5XLを作製しました。 加工前(前面) 加工前(右側面) 加工前(右側面拡大)   先ずは1枚のTシャツから脇部分に入れるためのパーツを作り、もう1枚の脇を開いて作ったパーツを縫い合わせます。   最後にサイズタグを付けて完成です。   今回、脇部分の大きくするための生地は本体と同じものを使いましたが色や素材を変える事でアクセントにもなります。  

030

Smart Doll 新作

弊社で製作しました「前結びシャツ (ギンガムレッド)」と「みらいハイスクール学生服(ラベンダー・ピーチ・メロン)」が発売されました。 前結びシャツ (ギンガムレッド) Tie Front Shirt (Gingham Red) 昨年9月に発売されました前結びシャツのギンガムレッド柄が出ました。   みらいハイスクール学生服 (ラベンダー) Mirai High School Uniform (Lavender) みらいハイスクール学生服はシャツ、ネクタイ、スカートと白いルーズソックスが付属。(カバンは付いていません)   みらいハイスクール学生服 (ピーチ) Mirai High School Uniform (Peach) みらいハイスクール学生服はシャツ、ネクタイ、スカートと白いルーズソックスが付属。(カバンは付いていません)   みらいハイスクール学生服 (メロン) Mirai High School Uniform (Melon) みらいハイスクール学生服はシャツ、ネクタイ、スカートと白いルーズソックスが付属。(カバンは付いていません)   お求めはこちらから。    

DSC09203_2_600x600_crop_center.progressive

カスタム加工事例

今回は弊社のカスタム加工事例のご紹介です。 こだわりのものづくりをされているお客さまからの要望で、TS Designの商品をベースにカスタム加工をしました。 会社のイメージカラーを差し色に入れるだけで、イメージが大きく変わります。 加工前(ポロシャツ 81355) 加工後(ポロシャツ 81355) 加工前(カーゴパンツ 8114) 加工後(カーゴパンツ 8114)    

タマチ工業㈱ (1)

カスタム加工事例(ビフォーアフター)

作業着のカスタム加工事例をビフォーアフターでまとめてみました。 ①フロント及び右胸ファスナー交換 ②左胸及び肩ヨーク(切替布)に社名ロゴ刺繍 ③前面及び後面裾にライン取付 ④左腕ペン差し部分アクセント生地取付   ①衿にライン取付 ②ボタン交換 ③左腕ペン差し部分に社名ロゴをプリント   ①衿にライン取付 ②ボタン交換 ③左腕ペン差し部分に社名ロゴをプリント   ①右足ポケットにライン取付 ②右足ポケットに社名ロゴ刺繍   ①左胸に社名刺繍 ②脇ヨーク(切替布)交換   ①肩ヨーク(切替布)及び脇ヨーク(切替布)交換 ②左右胸にライン取付   裾ゴム取り外し    

1

帽子で事故防止

先日、お客さまである南国運送有限会社さまにお邪魔した際にドライバーがなぜ帽子をかぶるのかという話を聴かせてもらいました。 パイロットや電車、バス等の運転手はなぜ制帽をかぶるのでしょうか? 昔は「無帽は無謀運転につながる」「帽子着用で事故防止」と教えられたそうです。 シャレがきいた標語ですね。 ネットで調べてみましたところ、パイロットの場合はフライト前の機体の外部チェック時にオイル等から目を守り、突起物から頭部を守るためだそうで操縦席ではスイッチ等に引っかかる恐れがあるので帽子はとるそうです。 バスやタクシーの運転手は会社ごとの規定があり正確なところは分からないのですが、清潔感や帽子のつばで日差しから目を守るためという理由が多い様です。 宅配業者も会社のごとに規定があり明確な理由は分りませんが、清潔や企業イメージのアピールというのが大きな理由の様な気がします。 制服の効果として挙げられるのが、清潔感と安心感・信頼感です。 特に人が複数集まった場合、同じ企業ユニフォームを着用しているのとそうでない場合では印象が全然違います。 土木・建築現場では帽子ではなくヘルメットの着用が義務付けられていますが、義務付けがない運送業や清掃業でも今後は制帽の着用率が高まってくる様です。   弊社では上記画像の様な帽子への社名やロゴのプリント加工も承っております。  

20161122_163116

SMART DOLL新作 コンビネゾン みらいハイスクール学生服 (ブルー)

弊社で製作しました「コンビネゾン」と「みらいハイスクール学生服 (ブルー)」が発売されました。 Romper コンビネゾン コンビネゾン、英語圏では「プレースーツ」とか「ロンパー」と呼ばれています。似た様なものではサロペット、オールインワン、オーバーオール、ジャンパースカート、ジャンプスーツがありますが区別があいまいで説明が難しいためここでは割愛させていただきます。   Mirai High School Uniform (Blue) みらいハイスクール学生服 (ブルー) みらいハイスクール学生服はシャツ、ネックタイ、スカートとルーズソックスが付属。ローファーは別売。ダークグレーソックスや女子高生カーディガンにもよく似合います。S胸専用。写真に写っているカバンは付いていません。   お求めはこちらからどうぞ。  

コンビネゾン (9)

園児用ベスト

千葉県船橋市(津田沼・下総中山)の保育園りりぱっと様より、オリジナルの園児用ベストのご依頼をいただきました。 企画・製作のポイント ①視認性を高めるための反射テープを取付 ②園児が着たり脱いだりがしやすいマジックテープ留め構造 ③子どもたちの肌に優しい柔らかい吸汗速乾の素材を選定 ④育ちざかりの子ども達に合わせて2サイズを用意 前面   後面   実際に使っている様子 ※園児たちの画像は許可をいただきFacebookページよりダウンロードしました画像です。    

りりぱっと

SMART DOLL新作 ロングシャツ ブルー 限定

弊社が納品しましたロングシャツ(ブルー) (限定)が発売されています。 ロングシャツ(ブルー) (限定) 本商品は先に発売されましたロングシャツ(ホワイト)(限定)の色違いです。 ロングシャツ(ホワイト) (限定) 詳しい新入荷情報はこちらからどうぞ  

Long Shirt (Blue) (Limited Edition) (1)
1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © Future Brand All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.