新着情報

スタッフブログ

画像管理方法改善 ~その1~

弊社ではかねてより納品前には商品を撮影してから出荷していたのですが、月末等で忙しい日は撮影を忘れてしまう事がありました。 そういう撮影忘れの商品に限って追加が発生したり、仕様変更が出たりして画像確認の必要性に迫られるのですが、もう後の祭りです。スタッフ総出で記憶を照合したり、文書の記録を確認したりと本来ならしなくても済む業務が増えてしまっていました。 商品画像はWebサイトに掲載したり、ポートフォリオを制作するためには欠かせないデータ。 こういったミスを無くすためと、撮影した画像を探す時間を圧縮するために画像の管理方法を改善しました。 改善のポイントは3つ。 ①スタッフの撮影業務の負担を出来るだけ軽減させる事。 ②極力自動的に画像が保存される事。 ③専用のシステムは採用せず、安価に済ます事。 無料サービスや既に使っているサービスを組み合わせて、次の様な仕組みを考えてみました。 デジカメで撮影した画像データは自動的にeyefi mobi経由で一旦iPadに取り込まれ、それらがまた自動的にGoogleフォトにバックアップされる仕組みです。 このGoogleフォトというフォトストレージサービスは、Googleのアカウントを持っていれば無料で使う事が出来ますし、画像と動画のアップロードサイズを「高品質」で設定すれば容量無制限で保存する事が出来るクラウドサービスです。 Googleフォトに保存された画像は、定期的に仕分けをしてEvernoteに保存。こうする事で時系列で探す際は「Googleフォト」、キーワード検索をする際は「Evernote」という2通りの検索が可能になります。(且つ何れのサービスもクラウドサービスなので外出先からでも確認が可能) ところが、仕様や動作環境等を調べたりメーカーのサポートセンターに技術的な問い合わせをしてみると次の問題が判りました。 ①2つのeyefi mobiの電波の種類を同じにする事が出来ない為、デジカメの画像を取り込む際にはiPadで受ける電波を手動で切り替えなければならない。 ②常時iPadがeyefi mobiの電波圏内に居るわけではないのでiPadに取り込まれない画像がでてきてしまう可能性がある。 困りました。①はともかく、②の状態が発生しても気付く事が出来ません。 デジカメから直接Googleフォト等のフォトストレージに画像を送る事が出来ないものかとあれこれ調べてみましたが、可能なデジカメは高価で且つ種類が無いため断念。 カメラ付きのWi-Fiタブレットを2台使う方法も考えましたが、タブレットのカメラにはタイムスタンプ機能(撮影日時を画像に写し込む機能)はついていないのでこれもNG。 ※日付入りカメラのアプリが有る様ですが、タブレットの標準機能ではないので案から外しました。 そしてスタッフとも検討を重ね、次の方法にする事になりました。 デジカメの画像取り込み用のタブレットPCを購入し常時eyefi mobiの電波圏内に置いておく方法です。 1Fと2Fで1台のデジカメを共有する形になりますが、撮影後の画像保存の手間を省く事を優先しまずはこの方法でまずはスタートです。 しばらく使っていくうちに新たな課題が発生するでしょうが、社内ルールの変更や使うサービスの変更で対応出来そうです。

【ブログ用画像】画像保存の仕組み概念図

印字リボンと熱圧着プリントの洗濯実験

弊社で行っていますサービスの一つに熱圧着プリントがあります。 これは、お客様から入稿されたデータから熱圧着プリントシートを作製し、作業服等の企業ユニフォームに熱圧着機で取り付けるというものです。 この手法はフルカラー(多色)でプリントが出来、シルクプリントより耐久性が高いことから人気が出てきています。 そして新たに印字リボンサービスを始める事を機に、耐久性を確かめるための実験を行っています。 印字リボンを縫い付けた布地に熱圧着プリントした実験体を洗濯し、その都度状態を確認していきます。 100回洗濯しましたらまた報告させていただきます。

洗濯前

他社との協力

先日、近所の株式会社 黒沼染工場の黒沼常務が弊社を訪問してくれました。 位置的には弊社と歩いて行ける距離で、お互いに協力する事もあります。 1Fのプリント作業場と2Fアトリエを見ていただき、今後更なる協力体制をとるべく情報や意見の交換を行いました。 将来に向けての夢のある話はワクワクしますね。 苦しい事が多い業界ですが、今後も色々な会社や人と協力し合い衣服を通じて社会に貢献していきたいと思います。  

001

フューチャーブランド流『片付け術』

みなさまも一度は目にしたり聞いた事があるでしょう「5S活動」。 弊社も取り組んでおりますが、まだまだ試行錯誤の最中です。 最終的にはエリアごとに生地等の材料や付属品、作成途中のもの、在庫品という様な明確な仕分けをする予定ですが、まずは営業担当者が外出先からでも在庫や部品等の確認が出来る様にしましょうという事で行いましたEvernoteを使った片付け術を紹介します。 まずは引出しや段ボール箱をひとつひとつ開け、入っているものを撮影します。 そして次にその引出しや段ボールにテプラでナンバリングをします。 最後にEvernoteにナンバーごとのノートを作成し、ノートに撮影した画像を保存。 これだけでも良いのですが、作成したノートに種類やお客様名を追記しておくと検索スピードが格段に上がります。 少し昔ですと紙ベースで管理帳を作っていましたが、最近のITツールの発展はめざましく大いに活用させてもらっています。 紙ベースの資料と大きく違うのは、ネットに接続出来れば外出先からでも在庫数等の確認が出来る事と名前で検索が出来る事です。 時代がどんどん進むと自動倉庫も安価になるのでしょうか? パソコンでの管理画面(Evernote) 付属部品ケース外観 付属部品ケース中身

EVRNOTE

弊社サービスについて

記念すべきブログ第一回目は弊社のサービスについてお話しようと思います。 弊社は設立当初はアパレルメーカーからの依頼で裁断・縫製を行う縫製工場的な事業内容でスタートしました。 ある時、さる企業様からユニフォームのサンプル作製依頼をいただき、それを機にユニフォーム販売の事業をスタートさせました。 弊社ならではの企業ユニフォーム。 それはお客様のご希望に沿った形で、ベテランスタッフによる裁断・縫製技術で作業服等の既製ユニフォームをカスタマイズするカスタムユニフォームです。 もちろん、ご予算に余裕がある場合ですとデザインやパターンをいちからおこすオーダーメイドも承りますが、おすすめは安価でありながら自由度の高いカスタムユニフォームです。 カスタムユニフォームとは既製ユニフォームに弊社がカスタム加工を施し、オリジナルのユニフォームに仕立てる事です。 お客様企業のブランディング化やスタッフのモチベーションアップ効果、他社との差別化等、オリジナルユニフォームには様々な効果があります。 作業服等の企業ユニフォームの他、企業ロゴの車両用ステッカーやキャップ・ヘルメット、安全靴等ございます。 まずは気軽にご相談ください。  

ブログ用画像
« 1 21 22 23
PAGETOP
Copyright © Future Brand All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.