今年の12月に洗濯方法を示す「洗濯表示記号」が一新されます。
現行の表示は1968年に日本工業規格(JIS)が定めた日本独自のもので、この度ISO(国際標準化機構)規格と統合されJISのマークは新しいJIS L 0001(以下「新JIS」)へと変更されます。

新JISでは記号の種類が22種類から41種類に増えます。
詳細情報はこちら(消費者庁Webサイト)

2016-10-19_21h00_30

 

 

このページを見た方は下記ページも見ています。