以前、弊社で使っておりますパターンゲージの紹介記事をかかせていただきましたが、今回はそのパターンゲージ自体の作製記事です。

パターンゲージ ㈱フューチャーブランド (14)

弊社では小ロット多品種の依頼が多いのですが、時々まとまった数量のご依頼をいただきます。その際の品質の均一化と効率を高めるため、パターンゲージ自体を自分たちで作れる様にしようという事で講師をお招きして社内で技術講習会を開いています。
将来的には購入済みのパターンシーマ―(専用ミシン)を使っての量産体制を整える予定です。

パターンゲージ ㈱フューチャーブランド (18)
画像は講師の内藤先生です。ユニクロの海外工場等への技術指導や数々の器具作製に携わって来られた縫製技術のスペシャリストです。

パターンゲージ ㈱フューチャーブランド (12)
基本的な説明と使用する道具の説明を受け、実際に簡単なベルトループを作ってみます。
内藤先生の後ろにあるのがパターンシーマ―。

パターンゲージ作製 ㈱フューチャーブランド (13)
基本的な構造はこんな感じです。

パターンゲージ作製 ㈱フューチャーブランド (1)
既存のパターン(型紙)からパターンゲージ作製用のパターンを作ります。

パターンゲージ作製 ㈱フューチャーブランド (2)

パターンゲージ作製 ㈱フューチャーブランド (3)

パターンゲージ作製 ㈱フューチャーブランド (4)

パターンゲージ作製 ㈱フューチャーブランド (5)

パターンゲージ作製 ㈱フューチャーブランド (6)

リードカッター ㈱フューチャーブランド
塩ビ板の加工には、この専用工具「リードカッター」を使います。

パターンゲージ作製 ㈱フューチャーブランド (9)

パターンゲージ作製 ㈱フューチャーブランド (10)
途中、色々な工程を経て完成!
今後は徐々に難易度の高いものにも挑戦していきます。

パターンゲージ作製 ㈱フューチャーブランド (11)
普段使う事のない道具や作業ばかりで、参加したスタッフはかなり疲れたはずですが、満足気な表情でした。